サンドブラスト

サンドブラストとは

ガラスの表面に金剛砂をコンプレッサーで吹きつけ、彫刻していく技法。
エア・コンプレッサーを使うため、長い歴史のガラス工芸の中では新しい技法です。

吹き付ける砂の粒子の大小や、圧搾空気の圧力に強弱をつけることによって 彫刻面の深さや色合いに微妙な変化を付ける事ができます。

この繊細な手加減は、まさに職人の経験がものをいいます。